保育園ブログ


201504 / 09

児童健康診断 子供達が健康ですこやかですごせるように・・・・

保育園では全児童を対象に年2回の内科検診、歯科検診、尿検査

蟯虫検査があります。

また毎月の1日には体重、身長測定があり子供達の発育を見守っています。

4月9日の内科健康診断の様子です。

IMG_0045IMG_0043


201504 / 09

保育園の4月 春になりました。

4月9日晴れ。保育園内の木々や花が咲き始めました。

この日は天気も良く福智山もきれいに見えます。子供達が自然の営みに直接触れる機会があり

園庭の木々の変化に季節を感じ取ってくれればと願っています。

IMG_0057IMG_0058

園庭の門の横はしだれ桜です。送迎の駐車場との境は紅カナメです。春はマンサクの言葉通り

トキワマンサクが満開です。

IMG_0070IMG_0079IMG_0076

IMG_0083

 

以上児の子供達は毎日福智山に登るように階段を上がります。2階デッキからの山々の眺めも

とてもすばらしいです。

IMG_0059IMG_0060

保育園の玄関には藤、モッコウバラ、シャクヤク、柏葉あじさい、芝さくら等々があります。花芽が育っています。

IMG_0092IMG_0093IMG_0090IMG_0082

サクランボの実も大きくなり始めています。

IMG_0085IMG_0089

IMG_0073IMG_0077IMG_0078

IMG_0086IMG_0087IMG_0074


201504 / 09

スイミングスクールが始まりました

4月9日年中組、年長組のスイミングスクールが始まりました。野上スイミングスクールでの

指導です。子供達の命を守るため、また心肺能力や身体の健康、発達のための取り組みです。

まず準備体操の後シャワーを浴びてクラスごとに分かれます。

年長組になるとヘルパーをつけてバタ足で泳ぎます。年中組は今日が初めてで

どの子もとても嬉しそうでした。

 

IMG_0002IMG_0011

IMG_0033IMG_0034 IMG_0035IMG_0039


201504 / 04

4月4日直方チューリップまつり

4月4日の直方チューリップ祭りに年長組と年中組のお友達が参加をしました。

当日は式典の後、風船を頂き、子供達は大喜びでした。

また直方高校の吹奏楽部の演奏もあり、子供達は真剣に見ていました。

CIMG0658CIMG0649


201504 / 03

年少組4月2日 河川敷ちゅうりっぷ見学

年少すみれ組は4月2日に直方ちゅうりっぷ祭りに行きました。

水辺館で川の生き物を見たあと、山羊と触れ合いました。

水辺館の亀はミシシッピーアカミミガメです。

IMG_0012IMG_0004

たんぽぽの花やわたげを見つけながら中之島の桜並木の下を通りちゅうりっぷ祭りの

会場まで歩きました。

子供達もちゃんと並んで歩くことが出来ました。

IMG_0021IMG_0014IMG_0053

ここは、さくら保育園が秋に植えた球根の場所です。

IMG_0050


201504 / 02

4月2日 チューリップまつり 年長組

4月2日晴天。この日は年長、年中、年少の三クラスが河川敷のチューリップ祭りに行きました。

また年長は桜の木の下で昼食をとりました。天気も良く子供達は河川敷を走り、山羊にエサを上げて水辺館で亀を

見て桜並木の下を歩いて、菜の花迷路の中を通って保育園に帰りました。

 

IMG_0191IMG_0178IMG_0180

IMG_0147IMG_0139IMG_0140

IMG_0104IMG_0103IMG_0101


201503 / 26

卒園おめでとう

3月26日は卒園式です。子供達が正直で誠実でありつづける勇気を持ってほしいと

願っています。(祝辞 皇帝からもらった花の種より)

CIMG0513

 

CIMG0455CIMG0478


201503 / 03

おひな祭り

3月3日はひな祭り会です。前日の2日にはテバッタさんをお迎えをして

マジックショーを開催していただきました。マジックは子どもたちには大人気です。

ウサギが出てきたり、体のいろんな所から赤いボールや紙テープがでてきたり、

子どもたちや先生の参加もあり、楽しいひとときを過ごしました。

3日はひな祭り特別給食です。メニューは、ひなちらし 鶏肉の照り煮

かぼちゃサラダ 手まり麩のお吸い物 イチゴ、ひなあられです。

 

CIMG0290CIMG0292

CIMG0286P1020477

2月18日より一階ホールには年長さくら組のお友達が作ったひな人形が展示されています。

3月2日にお家にもって帰ります。

CIMG0046CIMG0051


201502 / 04

老人施設慰問 年長さくら組

2月4日年長さくら組のお友達が老人施設ゆうあい福智に慰問に行きました。

毎年2月から3月にかけて慰問に行っています。

入所者のおじいさんやおばあさんからの「かわいいねー、がんばってねー」との歓声と応援を

うけて踊りを4曲と手話を交えた歌「ビリーブ」とハーモニカ演奏「聖者の行進」を披露しました。

子どもたちは帰りにご褒美をいただいて大喜びでした。

和やかな時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

CIMG0006CIMG0042

CIMG0061CIMG0102


201502 / 03

2月3日 節分の豆まき

<福はうち、鬼はそと>待ってください、待ってください。
その二人(福と鬼)は絶対に別れられないのです。
その豆、<福>だけを欲しがるこの私に投げてください。
(浅田正作「節分」より)

とても考えさせられる文章です。仏教にも共同安危、悲喜共同という

言葉があります。安らかなることもそうでない事も、悲しみも喜びも共に

引き受けていく。まさに人生そのものの歩みです。

しかし私たちはその中にありつつも福のみをほしがり、鬼を外にやろうとします。

本当は福と鬼は分かれることが出来ないのに。

また鬼の特徴は口が裂けて、角があり、耳が無いことです。どうして耳が無いのでしょうか。

それは他人の話を聞くことがないからです。聞く耳を持たないのです。そしてさらに

自分の言いたいことだけを言い、それを他人に押しつけて従わせようとするため口が裂け

ています。

鬼の作り出す世界を地獄と言います。字を見ると地面に犬がつながれて、お互いに

ワンワン吠え立てている状態を表す漢字になっていることにお気づきでしょうか。

その鬼はどこに居るのでしょうか。鬼は私の心の中に住んでいるのです。

人の話を聞かず自分勝手な意見を人に押しつけ従わせようとする私自身の姿を鬼といいます。

そのときの顔は鬼の形相になり口から『ちきしょう等々

』恐ろしい言葉が出てきます。あなたの心にいる鬼の姿にあなた自身は気づいていますか。

IMG_0104IMG_0098IMG_0669

IMG_0676IMG_0674